QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
cxzas
店長情報 › 夏は万事万物が全盛に向かう時

2018年04月25日

嬉しそうに見えた

朝から降っていた雨が昼くらいにあがった。
濡れた樹々はなんだか喜びの歌を奏してしるように思えた。
とくに、松とかいった針葉樹の幹はつやつやしていて、嬉しそうに見えた。


そんな樹々のあいだから見える青空と雲化妝入行がつくる青と白のコントラストに心が踊った。
実際はもっと空気感のある美しくも愉快な風景なのだが、写真では空気感までは伝えようがない。

鳥の声、カモのガッガー、水鳥が水面に降り立つ飛沫の音。
あらゆる音は生きている喜びを伝えてくる音だよね。
そう思いながら大便出血、上空を飛んでいく、少しやかましいジェット輸送機を見上げた。
あの子も生命の喜びを伝えてるんだろうけど、そう思えるほど自分はまだ成長できてないなァと思った。

輸送機の飛びっぷりは見事といえば見事だけど激光脫毛價錢、日々に鳥たちの絶妙な飛行を目にしていると、なんだか便りなさを感じるのだ。
その頼りなさを隠すかのように、轟音を立てて飛び過ぎていくのを見上げていた。  


Posted by cxzas at 18:10Comments(0)

2018年04月25日

その家で暮らし

引っ越した我が家。
住宅ローンが通るかグレーゾーンだった。
・・・向こうではお金持ちなのに、こっちでは庶民。トホホ。
その代り、ややこしいことにも巻き込まれないからいいか。

で、今住んでいる家(新築一戸建て)を不動産屋さんに見学させてもらった時に、黒い猫がその家にいるのが脳裏に見えた。
我が家の黒猫。



我が家の黒猫が床を歩いているのが脳裏に映像として見えた。
そしてキッチンのカウンターを歩いているのも。

その時に悟った。

「ああ。ここは僕が住むための土地なんだ」

とね。そしてなんだかんだと不思議なくらい順調に進んで、今はその家で暮らしている。
ご近所だった不動産屋さんが
「あんなところがそんな値段で売り出されてた?なんで?」
と言っているようなところ。販売担当さんは
「安いけどお化けは出ませんから」
と笑っていた。
・・・お化け屋敷にはなる。僕のせいで(笑)

猫が歩いてるのが見えたのは、その家で暮らして自分の猫たちと暮らすという予知。
魅月に話したら、
「買えないかもしれないよ」
と疑心暗鬼。
でもあれよあれよという間に契約して引っ越し。本人茫然。
僕は最初に言ったんだけどなあ。
「アクア(猫)がいたから、あの家に住むことになるよ」
と。
はっきり見えたんだけど、それが僕の願望かそれとも未来なのかがわからなくて軽く言ったからかな。

僕は自分の人生が大きく動くとき、ものすごくてきぱきと動く。
前回は20年近く前。フルーレティと再会した時。
顔も見たことがない相手と同棲をすると決める行動力。
魅月(フルーレティの覚醒は同棲の少し後)もあったことがない女とよく同棲を決めたよなあ。

運命が動くときというのは、人知の及ばない力が働いているように思う。
それに引っ張られる感じ。
自分の都合なんて関係ないんだよね。
全部が「あるべき場所」に収まろうとして、人生が揺れ動くときがある。

自分自身がついていけなくて、呆然としてしまうくらい。
僕は多少その「結果」が見える分心構えはできるけど。

予知ができないのは怖い。僕はみたいものを選べないけれど。それでも。
みんなその恐怖の中で生きているんだよね。  


Posted by cxzas at 18:03Comments(0)

2018年02月01日

風に見ているんだ

いやぁ~痛いなぁ。実に痛い。
主人公はまさにぼくと同じ年齢。
定年後の悪あがきする心理描写が分かりすぎて実に痛い。

著者は女性なのに、男性の視点で書かれている。
たしかに巧妙に書かれているものの、男性の気持ちとチト違う。
それよりも、彼の妻荃灣通渠、あるいは娘の視点で書かれている部分が実に面白い。
そっか、女って定年後になった夫あるいは父親をそういう風に見ているんだ。
実に参考になりました。

連載小説だから、「小説」としての物語性がなければ体裁が取れないのは分かるけれど、岩手の故郷関係の物語りはあまり現実味がなく面白くなかった。

【散る桜 残る桜も 散る桜】の俳句は知らなかったけれど、身に染みる。
サラリーマンである限り、どんなに出世しようが誰でも「終わった人」になることは避けられない。
サラリーマンでなくとも、人間である以上、終わった人になることを受け入れざるを得ない。
分かっちゃいるけど中學派位、誰もがソフトランディングできるわけじゃない。
主人公は結局ハードランディングしてしまうのだが、その引き金を引くのが「不完全燃焼感」でしょう。

優秀な人ほど自分はこれで終わりのはずがないと考えてしまう。
いや、ぼくのように優秀な人間でなくとも、考えてしまうのだ。
それが男というもの。
女には分からない。

要は気持ちの持ち方で、定年後15年しか残っていないならhifu 價錢、決して長くはない人生を自分らしく楽しめばいいじゃないかと切り替えられるか否か。

定年を経験した夫婦以外の人が読んでも、この小説の伝える現実味は分からないでしょうね。  


Posted by cxzas at 17:28Comments(0)

2018年02月01日

四季の変化は人

日本人ほど奥ゆかしい民族はいないかもしれない。
日本列島が出来たのは3億年前頃で、中国の北部にあった大陸が海溝に沈み込むと、陸がなくなって、陸の土砂が、大陸に運ばれてその土砂がくっついて大きくなり、およそ3億年の間に、日本列島の元が出来たらしい。それから、およそ1500万年程前に、大陸のはしの方で、火山活動がおこり、この大陸の端がわれ、そのわれ目はどんどんと広がり、さらに海面が上昇して、海になったのが日本海だそうだ。
日本列島はそれほど古い土地ではない。アフリカやヨーロッパ、中国、アメリカ、オーストラリアなどに比べて何億年前の古生物が豊富に出てくるわけでもない。また、ホモ・サピエンスの前の人骨の出土もない。ホモ・サピエンスが世界中に拡散していった一端が獲物を追って大陸とくっついていた頃の日本列島に渡ってきて、この豊かな自然の島に居着いたのが日本人のネイティーブである。彼らは、海面の上昇によって列島に閉じ込められ、何千年、何万年もかかって外部との連絡を取ろうと苦労し、舟を考案し、日本列島全体に広がり、交易を行い、大陸ともつながるまで、頭を絞ったことだろう。
生物は、環境との戦いで進化を果たしてきた。人類はそのDNAを最も知の進化という分野で進化した生物だった。日本列島に閉じ込めれた人々は、その地の環境に適応して生き抜かねばならなかった。日本列島は、豊かな自然に恵まれた地だが、夏は40度に達し、冬には冷夏10度と、四季の変化は人々に恵みと厳しさを与え、のんびりと自然の恵みに浴する環境ではない。それが日本列島に住む人々に生きる知恵を育み、単に狩猟採集に頼ることなく、植菜、植木(栗の木など)を行い、農業の元を培った。
日本列島は、極東の地とは云え、大陸には勇気と知恵があれば渡れない距離ではなかった。この自然の条件が日本の地の人々を海洋の民として、海洋に出て漁を行い、交易を行った。
これらの人々の営為は、日本列島が極東の島ではあったが、今1億以上の人々が暮らせる広さがあったという条件は欠かせない。また、大陸に近いとは云いながら、大陸からの侵攻は元寇だけであったと云うことも日本人の形成に独特の精神構造を作り上げた。
日本のような地は世界中探しても類を見ないと言って良い。それは良い意味だけではない。所謂、「井の中の蛙」的な側面、「前例主義」の保守構造など未だに日本に陰を落としている。
歴史の概念は進歩の概念が伴う。ごく最近まで人々は人間が生物で最も進化した存在だと言い切っていた。進化とは適応であって進歩は人間の概念である。地球上に生物が現われ、生成消滅を繰り返し、今日に至っている。これまでの地球上で人間(ホモ・サピエンス)は高々10万年程度。恐竜は2億年以上。
鳥は恐竜の子孫となると、その適応性としぶとさには敬意を表したい。
非現生人類の進化とホモ・サピエンスの進歩は全く別である。非現生人類が脳の進化を遂げることでホモ・サピエンスという現生人類に進化することで、非現生人類は消滅した。現生人類に新たな進化の証拠はない。
進化した現生人類は新たに人間の営為の概念である進歩の概念で現生人類の歴史を刻む。人間の歴史は、現生人類の脳の進化による知の集積に基づく営為の連続である。世界中の人種は皆同じ現生人類である。その違いは営為の違いであり、進歩は営為の連続性の問題である。人間の歴史は近世と言われる時期まで営為の連続性で形成されていた。ところがヨーロッパを中心とする領域で宗教改革とともにカトリックとプロテスタントのキリスト教の分裂に伴い新修道会が小教区を強化し、民衆信心を発達させるという立場から新世界への布教、さらにプロテスタントがカトリックと対立することに伴い新世界に進出するなど、地理上の発見という歴史状況と相まって世界各地の固有の歴史的連続性を破壊するヨーロッパの侵攻が始まる。  


Posted by cxzas at 17:27Comments(0)

2018年01月17日

悲喜こもごも多種多様

「この道はいつかきた道 ああ そうだよ あかしやの花が咲いてる」幼い日、遊び疲れて茜色の夕日を浴びて家路に帰る道すがら野辺の道を歩きながら口ずさんだ童謡唱歌の一節です。何故か初老の齢に達した今でも、一人野良仕事の合間に、心が塞ぐ時など腑と気付けば口ずさむことが針灸療法よくあります。私らの世代の日本人ならば誰でも知ってる作詞北原白秋、作曲山田耕筰による有名な愛唱歌「この道」です。北原白秋は昭和17年に亡くなりましたが この歌詞に登場する情景は北原白秋が晩年に旅行した北海道と、母の実家である福岡県南関町から柳川までの道が歌い込まれているとのことです。


全く唱歌の視点からは外れるんですが、私は「この道はいつかきた道」と口ずさみながら心に思い描くのは、私達が一人ひとりが誕生から命尽きるまで経験を積み重ねつつ人生を歩む中途で立ち止まると、あれれ、いつかどこかで見た景色だ、かつて体験した情況が顕れて出て驚くこ痔瘡治療とがあります。その情景には悲喜こもごも多種多様ですが、そんな折私は、この歌詞「この道はいつか来た道」がメロディー付きで脳裏を流れていきます。

 
職場や地域では時には複雑な人間模様の中で時にはちきれて立腹したり、落ち込んだりします。家族間同士でも親子、兄弟、親族同士の思惑から行き違いが生じて心理的葛藤に悩むことがあります。悔し涙を溢し耐えて耐えてただ頭を垂れて時の経過をじっと待つしかない辛さ、立てないほど落胆をしたり、ただひたすら噴出する憎悪の気持ちを心に押し込めて耐え抜いた切ない気持ちなど誰でも幾度と無く体験しているのではないでしょうか。我が身に起こる不可避で理不尽な屈辱感に贖えない無力感に遭遇して涙したことさえもあったかも知れません。

還暦過ぎて、古希に届こうとする齢の初老人(びと)ですが、人生路なんて所詮でっかいアラビア数字の8の線上を歩み続ける様なもので、歩み続ければ8の線上に必ず交差している景色があって、立ち止まると腑といつかどこかで見た光景と気づかされます。人の一生なんて所詮トータル珍珍薯片で「上がってなんぼ」の世界で、長い人生行路往き先々で、度々トラブルに遭遇します。それは家族間同士や他所との思惑の相違から浮き出て、対立を生じて平穏を奪い去ります。しかし道すがら喜怒哀楽を伴って体験した感動や苦渋の人間模様は、必ず交差路で再会することになるので、諦めず腐らずリベンジの志を忘れずに機を静かに待つのです。あの時身に染みた温情や涙に暮れた屈辱に借りをを返すために、心の平穏を取り戻すために交差の時間(とき)を待つのです。
若い人達に仏教用語で云う六道輪廻で諭しているように、「今あなた達が、老父母や幼子にする行為は、あなたが老いたり、幼子と生まれ変わった時、きっと次の世代から同様にされる行為なのです。肝に銘じて今を生きるのが賢明です」と言葉を投げかけたいのですが。

童謡愛唱歌「この道」の歌詞ですが、次の通り続きます。

あの丘はいつか見た丘 ああ そうだよほら 白い時計台だよ

この道はいつかきた道 ああ そうだよ お母さまと馬車で行ったよ

あの雲もいつか見た雲 ああ そうだよ 山査子(さんざし)の枝も垂れてる  


Posted by cxzas at 11:14Comments(0)

2018年01月17日

潰えてしまったので

あなたに出会ったのはいつのことでしょうか。

具体的な日付は覚えていないのだけれども、僕が多感な高校生の夏だったように記憶しています。
ほんの些細なきっかけでしたが、やがて頻繁にことばを交わすようになり、毎日のようにいろんなことを話す間柄になりましたっけ。

いつしか、僕はあなたが紡ぐことばを心待ちにするようになりました。
ユーモラスでありながらも機知に富むあなたのことばに、すっかり魅せられてしまった僕は、あなたのことばの虜になったのです。
どこまでも真っ直ぐな、しかし命を削るかのようなあなたのことばは、僕の心を大いに強め、時に大きく揺さぶりました。
まだ未熟だった僕が一方的に心の拠り所としていたのでしょう。

――そんなあなたの心に。
ぽっかりと大きな穴が空いていることに気づくのに、それほど多くの時間は要しませんでした。

すべてのものが崩壊した1995年の寒い朝。
あなたの幸せもまた崩壊し、あなたの心は時を刻むことを拒否するようになったのです。
その心痛は想像を絶するものだったことでしょう。

いつの日か。
あなたの心の時計が再び時を刻み始めるときが来て欲しいと、淡い期待を抱いていました。
たとえ僕が力になれなかったとしても、別の誰かがあなたの心の時計を動かし、あなたの時計の針を進めてくれることを強く願っていたのです。

その願いは届かず、あなたのことばは少しずつ途切れがちになりました。
それでも愚直な僕は、いつか再び、あなたのことばが聴けるものと信じてやみませんでした。
その願いも、12年前のあの日、とうとう潰えてしまったのです。

――残った人は辛いよね。
自分のことは忘れて欲しいけれど,忘れてくれないならせめて悲しまないで欲しいかな。

――ありがとう。関わってくださったすべての人に。

たいせつな人を失い、自責の念に苦しみ続けたあなたらしいことば。
あなたの願いとは裏腹に、あなたのことを想い続ける僕は、今でも形容しがたい慟哭に苛まれるのです。
時は過ぎ、気がつけば僕は、あなたの歳をとうに追い越してしまいました。

そんな僕にできること……
つたなくても、日々ことばを紡ぎ続けること。
いつ無くなってしまうとも判らない、目の前の小さな幸せを手放さないよう、しっかり握りしめながら前に進むこと。

そして、命尽きるその瞬間まで、僕はあなたを忘れません。  


Posted by cxzas at 11:03Comments(0)

2017年10月17日

浮世を選択して

道は妖艶な夏、最後の終わりにこぼし微雨しとしと一線清涼、眉新日の首裏1道遠くを見渡す。素素淡い日常が好きで、つかの間の憂いと悲しみに染めて白の無事を喜び。冷たい風、暖かい風、喜びのこと、憂のこと、時には時の流れの中で一閃一閃していた。同様に、目下が靑々と生い茂る季節は、秋の代わりに。
光陰はいつも慌ただしくて、まるで瞬間、また半载過ぎ、つかの間の物語で、あるいは用じゃ覚えて忘れて、重要なのは、私たちは途中で。窓の外、1音がかすかに、遠くの密林から、夏のメロディー。それは淺く澄みきっている時、年回り地味の光陰を同行し、痴缠て物語を共にする。清骨は、人生の本、また、繁には、簡単には、ポイントを削除。プールサイドの蓮の蓮、汚泥のも染めない。
ドーマントの時、かつてのつきあいと一度は抱き合って。その年の中のや悲しみや喜び、寂しい時に優しくて眉が湿っぽくて、深く淺い隠れました記憶。いくつかの美しいものを、いつも朝顔の花一時だけ心にした短い滯在、すなわちでたちまち見えなくなる。そこで、期の望みの中の心は芳華芳華になって遥くなることはできません。それは、慌しくの出会い、一如、出会いは別れの始まりだと言われている人がいる。すべての途中のストーリはすべて結末に伏線を埋めました。このように、たとえ世の中すべての出会いを喪失し終わって、私の希望は、悲しいのは私自身ではなく、あなた。
静寂には、琥珀色の夜光カップが満ちている。そして夜闌珊に、その一つ嫋々の息吹をかくまった私、愛情の目を凝らすと、想いの告白について。ある出会い、一生は会えないかもしれないけど、一つの名前と影は永遠に心を占めている。あずき無言の南山、瀋黙している目望穿終わる。できるならば、私は1首の詩の中で、次の相としては、読むことの暖かい暖かい。素箋気持ち、落満清涼の湿って、字の文の情にせず、一轮の花を抱いて寂しさの美しい。浮世を選択して、側の心には行けず、植え文字の香クーポンは、朝日日4時交代、花咲く花散るのは絵のようで、満ちる欠月も詩。
雨、ずっとずっと続いて、悲しみの涙の涙のしずく。無視または隅、寝かす無語瀋黙。一人一人のストーリ、1部の情、紛失は天涯には果てしない。はるかに見渡す.見はるかす、低眉莞爾は依然として、晴らせぬ念。軽い捻指先幻、揺れにバインド犹似花、故人の恋。瑠璃の心田は深く心にとどめて、別れの悲しみと恨み。
小刻みの俗塵、からみ合った网事、もう一度潮のよう漫た弱い心堤。思い出は、一抹のかわいがるの辛酸、涼詞句真夜中に目が覚めて痩せの細長い機に憂憂うら悲しい。リクライニング軒窓問雨の音、夜の波の念が止まらない。夢が壊れて、もう二度と輓回ない局、窓の外の雨、ちくちく。一箋荒れた思い臨風の窓に、始終見付けない落筆語句解いた素紙落満荒涼、恋しい思いが長い。ついでに軽く浮き上がっ一曲往事は半開きの蕊の間で座禪。花の咲く出会いと別れ、振り返れば、ただ一抹に笑う。
つないだ時の手、一行文字の中を歩いて、もし心の芳香のたおやか以来、起伏の海から無事に静かに。もし、心で耕植は、私の植え会えないで喜ばせる、清心の種は、ゆっくりと根、発芽して、成長して透き通る透明の灣の泉は、どんなに良い。
紅塵万丈金目のもの、にぎやかに似水流年ない。一袭瘦影、一人で寂しく歩いている于晨曦黄昏。風に吹かれて、霧雨の中で感傷的になる。私は香を筆墨の息、この方城に1部の魂の落ち着き先を探す。袖を振るように、少し薄い香潜隐の奥に。花火のような過去、そっと、一期瀋香。  


Posted by cxzas at 10:48Comments(0)