QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
cxzas
店長情報 › 夏は万事万物が全盛に向かう時

2017年10月17日

浮世を選択して

道は妖艶な夏、最後の終わりにこぼし微雨しとしと一線清涼、眉新日の首裏1道遠くを見渡す。素素淡い日常が好きで、つかの間の憂いと悲しみに染めて白の無事を喜び。冷たい風、暖かい風、喜びのこと、憂のこと、時には時の流れの中で一閃一閃していた。同様に、目下が靑々と生い茂る季節は、秋の代わりに。
光陰はいつも慌ただしくて、まるで瞬間、また半载過ぎ、つかの間の物語で、あるいは用じゃ覚えて忘れて、重要なのは、私たちは途中で。窓の外、1音がかすかに、遠くの密林から、夏のメロディー。それは淺く澄みきっている時、年回り地味の光陰を同行し、痴缠て物語を共にする。清骨は、人生の本、また、繁には、簡単には、ポイントを削除。プールサイドの蓮の蓮、汚泥のも染めない。
ドーマントの時、かつてのつきあいと一度は抱き合って。その年の中のや悲しみや喜び、寂しい時に優しくて眉が湿っぽくて、深く淺い隠れました記憶。いくつかの美しいものを、いつも朝顔の花一時だけ心にした短い滯在、すなわちでたちまち見えなくなる。そこで、期の望みの中の心は芳華芳華になって遥くなることはできません。それは、慌しくの出会い、一如、出会いは別れの始まりだと言われている人がいる。すべての途中のストーリはすべて結末に伏線を埋めました。このように、たとえ世の中すべての出会いを喪失し終わって、私の希望は、悲しいのは私自身ではなく、あなた。
静寂には、琥珀色の夜光カップが満ちている。そして夜闌珊に、その一つ嫋々の息吹をかくまった私、愛情の目を凝らすと、想いの告白について。ある出会い、一生は会えないかもしれないけど、一つの名前と影は永遠に心を占めている。あずき無言の南山、瀋黙している目望穿終わる。できるならば、私は1首の詩の中で、次の相としては、読むことの暖かい暖かい。素箋気持ち、落満清涼の湿って、字の文の情にせず、一轮の花を抱いて寂しさの美しい。浮世を選択して、側の心には行けず、植え文字の香クーポンは、朝日日4時交代、花咲く花散るのは絵のようで、満ちる欠月も詩。
雨、ずっとずっと続いて、悲しみの涙の涙のしずく。無視または隅、寝かす無語瀋黙。一人一人のストーリ、1部の情、紛失は天涯には果てしない。はるかに見渡す.見はるかす、低眉莞爾は依然として、晴らせぬ念。軽い捻指先幻、揺れにバインド犹似花、故人の恋。瑠璃の心田は深く心にとどめて、別れの悲しみと恨み。
小刻みの俗塵、からみ合った网事、もう一度潮のよう漫た弱い心堤。思い出は、一抹のかわいがるの辛酸、涼詞句真夜中に目が覚めて痩せの細長い機に憂憂うら悲しい。リクライニング軒窓問雨の音、夜の波の念が止まらない。夢が壊れて、もう二度と輓回ない局、窓の外の雨、ちくちく。一箋荒れた思い臨風の窓に、始終見付けない落筆語句解いた素紙落満荒涼、恋しい思いが長い。ついでに軽く浮き上がっ一曲往事は半開きの蕊の間で座禪。花の咲く出会いと別れ、振り返れば、ただ一抹に笑う。
つないだ時の手、一行文字の中を歩いて、もし心の芳香のたおやか以来、起伏の海から無事に静かに。もし、心で耕植は、私の植え会えないで喜ばせる、清心の種は、ゆっくりと根、発芽して、成長して透き通る透明の灣の泉は、どんなに良い。
紅塵万丈金目のもの、にぎやかに似水流年ない。一袭瘦影、一人で寂しく歩いている于晨曦黄昏。風に吹かれて、霧雨の中で感傷的になる。私は香を筆墨の息、この方城に1部の魂の落ち着き先を探す。袖を振るように、少し薄い香潜隐の奥に。花火のような過去、そっと、一期瀋香。  


Posted by cxzas at 10:48Comments(0)