QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
cxzas
店長情報 › 夏は万事万物が全盛に向かう時

2018年10月08日

労基から監督指導

ベトナムのフック首相が訪日するにあたって、下記のようなコメントを発表した。

国交樹立から今年で45年を迎えた日越関係に関しては、「人的交流は『友好の懸け橋』で、重要な基盤」と指摘した。結び付きの深化を図る一方で、日本でベトナム護膚品推介人留学生や技能実習生による犯罪が最近増えている事情も念頭に、良好な2国間関係を損なわないよう注意を払わざるを得ないとの認識を示唆した。
引用:南シナ海、日本の役割期待=人的交流「友好の懸け橋」-ベトナム首相

あなたは、このコメントを読んでどのように感じますか?
僕は、
「どうしてベトナム人の犯罪に言及してるのに、ベトナム人が犯罪に走る原因に言及しないのか?」
と思った。
ただ、ベトナム人の犯罪に言及したということは、その原因ついてフック首相は認識しているはず。

人手不足の日本は、ベトナムから技能実習生の受け入れ基準を緩くしている。
一方で、技能実習生への賃金未払いなど、労基から監督指導も増えている。

実習生は約100万円の借金をして日本へやってくる。
しかし、日本へ渡航する前に聞いていた金額より稼げな心意卡いベトナム人は、故国への送金に詰まり、犯罪へと走る。
この悪循環が起きている。
もちろん、犯罪や不法滞在は許されるべきではない。
しかし、それをわかっていながら日本は、ベトナムから受け入れを増やしているのだ。

自分たちで犯罪者予備軍を作り出して、自分たちで検挙して、傍からみていると意味がわからない。

で、僕はずっと永らくモヤモヤしていた。

一方で、この外国人技能実習生制度は、闇ばかり注目されているが學位分配、もちろんこの制度を利用して本来の目的を果たしているベトナム人も日本人もいることが確かだ。

メディアの情報を観ていると、どちらかの立場にたった意見ばかり。
ポジショントークではなく、もっと客観的に、この問題に向き合えないのか?

と思うようになったのが最近。

だから、アンケートをとった。  


Posted by cxzas at 17:22Comments(0)

2018年10月08日

ぼくが参加した


・・・・・・・っということで、やっぱりイヤな思い出しか残っていない。


まだぼくがエアロビクスにハマっていた頃の話。


結構気に入っていた女性インストラクターだったんだけど、ぼくが参加した中級エアロビクス(地元中心の地味な参加者)のときは普段通りの内容だった。


そのときぼくはオレンジと黒のウェアをわざわざ着ていった。


彼女の持っていたバッグからチラッとハロウィン衣装がのぞいていたのをぼくは見逃さなかった。


案の定、次の上級クラスはハロウィン仮装で、外部のオッカケ連中に取り巻かれながらハチャメチャに盛り上がっている彼女の姿をスタジオの外からガラス越しに見たとき、もう二度と彼女のクラスには参加しないと心に決めた。  


Posted by cxzas at 16:40Comments(0)

2018年09月10日

かなり予想以上

善行はひどくガッカリしました。

手柄だとか、手柄でないとか、そんなこと全く考えたことが

なかったからです。

ただ…依頼されたこと以上に、職務を全うする、

それしか頭になかったからです。

「ま、そんなに言うんなら尖沙咀 Facial、みんなで行ったっていいのだが?」

いともあっさりと、引き下がりました。



 丁度その時、店の入り口で、ガタガタときしむ音がしました。

善行はもともと、防犯カメラの性能は知っていましたが、それだけだと

心許ない…と思って、警備システム面霜推薦に登録して、何かあったら

駆けつけてもらえたら…と、ひそかに思っていたのです。

  先日の改装工事で、かなり予想以上に素敵な展示スペースが

出来ていたので、道行く人はみんな、

これは、何の店?とばかりに、ウィンドウ越しにのぞき込む人が、

増えました。

幸次郎のプランで、預かりものの中で、見た目が美しいものを

ショーウィンドーの要領で深層滋潤霜、表に見えるのが、1番のポイントで・・・

表に見せることで、目標物まで這うようにして、間に合わせた

ことなど…

この状況を、楽しんでいるように見えました。



「これはいい!あの時計、いくら?」

質屋と思って、入る人や、

「あの人形…在庫はありますか?」

と、アンティークショップと、カンチガイする人も現れました。  


Posted by cxzas at 17:25Comments(0)

2018年09月10日

豪華なメンバ

越谷能楽堂で昨夜、薪能を鑑賞しました。


演目の解説があり、その後かがり火に火が付けられました。

風が強いので火災防止のため火は直ぐに消されました。


能は「舎利」、能では珍しい立ち回りがあったりして面白かったです。


出演者も越谷の片田舎にしては豪華なメンバー揃いです。

姿勢60周年記念なので張り込んだのでしょう。  


Posted by cxzas at 16:55Comments(0)

2018年08月16日

義両親と同居して

旦那の実家に帰省して3泊4日、ようやく『ネットの海』と言う名のシャバに戻ってまいりました(≧∇≦)/
義実家に関してはかなり恵まれていると思うのですが、やはり緊張が伴うのは仕方ないこと。『嫁』と言う名の大型猫をひっかぶり、4日間をやり過ごしてまいりましたmd senses 好唔好。ホント義両親と同居している人ってすごいと思う(ヽ´ω`)
(そして私と同じくらい向こうも緊張しているかと・・・お互い様です(^_^;))

話は変わりますが、本日終戦記念日ですね。ある意味70年以上も続いている=その間自国で戦争をしていないというのは驚異的です。このまま未来永劫8月15日の『終戦記念日』が続いて欲しいところなのですが・・・個人的にちょっと気になることが(-_-;)
昔、というか私が20歳くらいまでは確か広島、長崎の原爆投下時刻&終戦記念日正午には防災無線からサイレンが鳴り響き、どこにいても黙祷ができるようになっていたのですが皮秒去斑 價錢、それがいつの間にか無くなっているんですよ。
更に他の自治体の子に聞いたら『サイレンなんて鳴ったことがない』とのことで・・・そういえば昔は原爆投下時刻や終戦記念日正午に高校野球も中断して黙祷を捧げていたのに、今はそれさえも無い(´・ω・`)たった1分間、試合を中断するのってそんなに難しいのかしら激光嫩膚・・・高校生が心置きなく野球ができるのも先人の犠牲の上なのに。こうやって先の戦争を風化していくのかなぁ、と危機感を感じております((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
本日の終戦記念日、サイレンは鳴るのか?そして黙祷は捧げられるのかちょっと確認してみたいと思っております。

留守中にも拍手コメントありがとうございますm(_ _)mお返事、以下に書かせていただきますね~  


Posted by cxzas at 16:41Comments(0)

2018年08月16日

傷だってたくさん

何度もブログに書いてますが、あいびぃはマーケットが好きですキラキラ

とくにファーマーズマーケットが好きですキラキラ


食材のね、色を見てるのが好きなのです照れ

この桃の真っ赤な芯の部分や黄色い実の部分見ているだけで

元気が出るような気がするんですよ〜照れ音譜


この桃はね、実は救済するために切ったのです笑

マーケットのフルッテリア(くだもの屋)のおじちゃんがね、

気前よくフルーツを試食させてくれたりしたんです


あいびぃは桃とメロンを買ったんですが、おっちゃんは

メロンを桃の上にして袋に入れたらしく、

帰ったら桃がメロンの下敷きになって崩れてたガーンドンッ


ちょ!!!!!ムキーパンチ!ドンッ


だから、全部いい部分を切りとって冷蔵庫に入れて救済処置します笑い泣きあせる


形も重さもバラバラだし、傷だってたくさんついてます

でも、スーパーでフィルムやプラスチックに包まれた食材より

ローマのマーケットで買う野菜のほうが好きですウインクハート


でもね、ローマの食材って本当に自然のままだなぁって思うのは

気をぬくと食材がすぐにダメになってしまうのですよ 

日本の感覚でいたらダメです、牛乳とか2回くらいダメにしましたあせる

あと、葉物も難しいですね!ルッコラとか!ハーブとか!

フルーツなんて、買って常温に放置したら1〜2日で食べないと

すぐダメになります 


だから、料理で何つくろ〜と悩むこともありますが、それは稀で笑

たいていは「あ、この野菜/くだものそろそろダメになりそうあせる」

って思った食材をつかって料理を作ったりします笑



トマトもね、中も外も驚くほど赤いんですよハートそして甘いキラキラ

料理が美味しいのは、絶対素材が美味しいからだと思ってますドキドキ

デンマーク人の同僚も、オランダ人の上司も、アメリカ人の友人も

「みんなローマの食材は美味しい!味がちゃんとある!!」って断言します

あいびぃも同意です  


Posted by cxzas at 16:15Comments(0)

2018年07月16日

薔薇の花が天か

「プラテーロと私」の「アンジェラスの鐘」の章に、「何とたくさんの薔薇がそこかしこに降り注いでいるのだろう」という一文があるが、まさにそこに描かれているような美しい夕焼け酵素…色とりどりの薔薇の花が天から降り注いでくるような神々しい夕焼けを海岸で見た。ちょうどアンジェラスの鐘が鳴る夕方の6時頃から日没が始まり、言葉では言い表せないような様々な光の色が溶け合って空を彩っていった。光の色は時間の経過と共に微妙に変化していく。竜の形をした金色の夕焼雲が、赤々と燃える火を口から噴いていた。そして、辺りが薄暗くなるに連れてその輝きは増していった。竜の上には真っ白いイルカも泳いでいる。海面には神秘的な深いオレンジ色が映し出され、揺れる波間できらきらと輝いていた。この美しくドラマチックな光の儀式に畏敬を感じた。この光は、時空を超え激光脫毛、全世界をあまねく照らし、私たち皆の心も照らしてくれているに違いない。空には、金星がいつの間にか、優しい柔らかな光を放ちながら私たちを見下ろしていた。


「ねぇ、プラテーロ、アンジェラスの鐘が鳴っていると、外側の世界は日常の力を失い、内側からの、もっと崇高で揺るぎない、純粋な光である別の力が働いて買日本樓、神の恩寵が現れでもするように、全てが星のいるのところまで引き上げられていくような気がするよ…もっともっとたくさんの薔薇と一緒に輝いている星たちのところだよ。空をゆっくりと仰ぎ見る君の瞳も、君自身は見えないだろうが、二つの美しい薔薇の花なんだ。」(フアン・ラモン・ヒメネス著「プラテーロと私」第10章「アンジェラスの鐘」より)

  


Posted by cxzas at 15:52Comments(0)

2018年07月16日

薄さをもたざる

陳舜臣『神戸ものがたり』では海軍営の設置に始まる神戸の町の発展、魅力について語られたエッセイ集です。

「異人館地帯」の章では、明治以降急速に進んだ欧化の背景をもとにした神戸的モダニズムについて述べています。
<西欧文化の浸透には段階があった。しかし神戸の町には、居留地のなかに「西欧」が忽然と出現した。一般の民衆から隔離された居留地のなかに、それがとじこめられているうちはまだよかったが、雑居地域に指定されたところ、とくに山本通りから北野町にかけて、またしても「西欧の町」が、すっぽりとはめこまれたのである。>
 イギリスのノーベル賞作家キップリングには、「神戸はあの忌まわしいアメリカ的な外観だ」と酷評されたものの、英字新聞には「東洋で最も美しく、よく設計された居留地」と称賛されています。

明治11年のC.B.バーナードによる忽然と出現した居留地の絵がありました。中央には西欧風の街にそぐわない籠かきの姿が描かれており、居留地の出現に当時の人々はどれほど驚いたことでしょう。

現在も残っている旧居留地の異人館は、ただ一軒TOOTH TOOTH maison15thというレストランとなっている15番館です。

 内外人の雑居が認められた異人館地帯では強烈なエキゾチズムとモダニズムが放射されていました。
<それは夢の世界に似ていた。異なる風土に、むりやり移植された、つくりものといったかんじもするのではないか。まだ、じゅうぶんには根付いていなかったのだ。手をかけて、ひきはがすことができそうな気さえする。苔むした庭石、煤けた壁、くろずんだ柱をもつ日本の家々にくらべると、異人館はガラスとセルロイドでできたおもちゃ、もしくは張り紙細工のように思えた。>


明治中期の山本通りと諏訪山。
北野町3丁目あたりの風景ですが、田畑の中に突然現れた異人館です。

<そうした背景をもつモダニズムは、必然的に一緒の薄さをもたざるをえなかった。が、同時に、あやしいまでに幻想的でもあった。薄さそのものが、ロマンだったからともいえよう。>
陳舜臣が述べているように大正時代の神戸の町を幻想的に捉えて数々の作品を発表したのが稲垣足穂でした。次回は『星を造る人』について。  


Posted by cxzas at 15:39Comments(0)

2018年06月01日

実な問題ですよ

・・・・・・・っということで、人間は言葉を使って物に名を付け、名を付けたところで分かった気になっていると、ここで何度も書きました。

初めに言葉ありきですね。^m^

その言葉を見ていくと、全てが対になっています。

例えなくとも分かるとおり、黒と白、明暗、善悪、天地、前後・・・・・そして、生と死。

まあ、そこまではいいのですが、その境目は何だろうと考えました。

明確な境目ってあるの????・・・です。

・・・・・・・・

このあいだ、ムン・ジェインとキム・ジョンウンが両国の国境をまたぎましたよね。

なんか、地面にあるかまぼこ型Dermes Medilaseに膨らんだ線でしたね。

一本の細い線ではなく、かなりの幅がありましたね。

じゃあ、本当の境目はどうだろうと考えたら、そりゃぁ38度線だよと答えるでしょう?

すると、38度線の幅はどれくらいと考えると、限りなくゼロに近い線だと答えるしかありません。

線なのに幅がない。

・・・・・・・・

明と暗の境目なんか難しいですね。

天と地の境目もいい加減。

後ろと前もいい加減。

さらに善と悪となると、さらに難しくなる。

しかし、善と悪はこの世激光脫毛價錢に確実に存在する。



生と死については切実な問題ですよね。



何時をもって死とするんでしょうね。


・・・・・・・・

時間についてもそうです。

未来と過去の境界線は特殊で、「現在」という名前がちゃんと付いています。

しかし、どこまでが過去でどこからが未来か分かりません。

そう、現在とは現在でしかあり得なく、その幅は限りなくゼロに近いのです。

しかし、ぼくらはこのゼロの幅の中で生きているんです。



不思議ですよね。


この世の中の【今】が全部そこに詰まっているのです。

限りない薄さで無限に広がっているのです。

およそ生き物は全て【今を生きる】しかないのです。

なのに、人間だけは今(=現在)にかなりの幅があるように勘違いしているんですね。  


Posted by cxzas at 16:51Comments(0)

2018年06月01日

書こうとしてるの

「ところで、それってどんな話なの? その、あなたが書こうとしてるの。筋のあるものって言ったでしょ? どんな話なわけ?」
「まだ途中なんだよ」
「それでもいいから教えてよ」
大きく息を吸うと、強士は時間をかけてそれを吐いた。いろいろと考えてみたけれど、どう言ったらいいかわからなかった。佐和子は強士の口許を見ていた。そして、驚いたように顔全体を見た。強士はごく自然な笑顔になっていた。
「騎士の話だ」
強士はそう言っていた。どうしてそんなことを言ったのかもわかっていなかった。
「キシ?」
「ナイトだよ。ほら、馬に乗って槍を担いでるやつさ。お姫様を守る義務を持った二人の騎士。彼らはお姫様の幼馴染みでもあるんだ。お姫様は――」
そこまで言って強士は目をつむった。馬鹿げてる――と思っていた。しかし、自分が書こうとしてるのはそういう筋のはずだった。強士は首を弱く振った。口は自動的に動いた。
「お姫様は非常に困った立場にいるんだ。彼女は美しく、気高くて、凜としてる。でも、そのぶんまわりから浮き上がってしまうんだ。子供の頃からそうだったけど、成長するにしたがってその度合いは増していく。自分でもどうしたらいいかわからないんだな。そんな彼女を二人の騎士は守ってきた。それも、子供の頃からそうだったし、成長してからもそうだった。ただ、三人は離ればなれになってしまうんだ」

強士は目を開けた。佐和子はカウンターに両肘をつき、組みあわせた手に顎をのせていた。そのままで首を強士の方へ向けた。眼鏡はずれ下がっていて、その目がはっきりと見えた。
「それで?」と彼女は言った。「それでどうなるの?」
「幾多の苦難があるんだよ。騎士たちにもそれぞれ抱えてることがある。なかなかお姫様のもとへ馳せ参じるわけにはいかないんだ」
「騎士たちはお姫様のことが好きなんでしょう?」
「そうなんだろう」
強士はぬるくなったビールに口をつけた。

「いや、そうでなくちゃ困る。二人ともお姫様のことを愛してるんだ。だけど、互いにそのことを知ってもいるんだな。彼らは自分よりも相手の方がお姫様には似つかわしいと考えてるんだよ」
「どうして?」
背後から一際大きな声が聞こえてきた。なにを言っているのかはわからなかったけれど、その後に笑いあう声がつづいた。佐和子はさっとそちらへ目を向け、唇を歪めさせた。
「どうしてだろう?」
「わからないの? じゃあ、お姫様の方はどうなのよ。二人のうちどっちかが好きだったりしないの?」
「それもわからない」
「なんなのよ、その話」
佐和子は髪をかき上げ、煙草に火をつけた。
「わからないことだらけじゃない」
「言ったろ? まだ途中なんだ」
「ふうん」
唇をすぼめて佐和子はゆっくりとけむりを吐いた。それは揺らめきながら整然と並んだ瓶のまわりを漂い、じきに薄くなった。強士はぼんやりとその様を見ていた。言葉は渦巻いていた。  


Posted by cxzas at 15:38Comments(0)