QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
cxzas
店長情報 › 夏は万事万物が全盛に向かう時 › 思いついたようでもあ

2018年11月22日

思いついたようでもあ

指輪を持っていき、こっそりそれを見せると守くんは細かく何度もうなずいた。それから妙子の席がある方へ目を向け、深くうなずいた。

これで宙に浮いた指輪の行き先が定まり、守くんのプレゼントも決定したわけだ脂肪紋。しかし、髙橋慎二の方はいまだなにも決まっていなかった。ふりだしに戻っただけのことだ。

悩みに悩んだ髙橋慎二が次にとった行動は彼自身にも驚くべきものだった。

彼はテーブルに手帳を開き、守くんが挙げた候補をじっくりと見つめた。気持ちはそれらと宙に浮いたままのネックレスとの間を彷徨さまよっていた。



なにか小さい、それでいて意味のあるもの。ただし、その意味があまりあからさまでないといった存在。それはいかなるものか?



本というのは押しつけがましい気がする。手袋やマフラーは子供っぽい。口紅や香水は好みがあるだろうし、そもそも選び方がわからない。

彼は立ちあがり、三秒後には座った。なにか思いついたようでもあり、自分でもそういう気になり、しかし、なにも思いつかなかったのだ。猫は首を上下に動かしてその様を見てから、大きく口をあけた。

もう十一時過ぎであり、いつもならベッドに入っている時間だった雅培eleva organic。ただ、この問題をクリアしなければ眠れそうになかった。ぶつぶつと独りごとを繰り返していた彼は携帯電話を手に取った。しばらく暗い画面を見つめ、弱く首を振って、ラグマットの上に放った。でも、すぐにまた手に取った。

こんなのは馬鹿げてる。



時間も金と一緒なのだ――そう彼は思った。無駄に時を過ごすなんてのは自らの信条に反した行為でもあった。一度唇を噛むようにしてから、彼は意を決して電話をかけた。相手が出るまでのあいだ頻しきりに溜息をついた。まったくなにやってんだ、俺は――と思っていた。





「もしもし?」

怪け訝げんそうで、すこし尖とがったような声が聞こえてきた。

「こんな時間にいったいどうしたの?」



「いや、」と髙橋慎二は言った。「いま大丈夫か?」

すこしの沈黙。彼はソファを見た。猫は丸まって眠っていた。

「まあ、大丈夫だけど。電話かけてくるなんてめずらしいじゃない皮秒去斑 價錢。なにかあったの?」



「いや、」と髙橋慎二。「ちょっと相談したいことがあってさ」

「相談? なんなのよ。それこそめずらしいじゃない」



「いや、」とまたもや髙橋慎二は言った。

「あのね」とミキは言った。



「こっちがなにか言うたびに『いや』って言うのやめてもらえる? なんかそういうの苛々するわ」


Posted by cxzas at 18:33│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。